岡山風俗求人に応募したパティシエ

岡山風俗求人に応募したきっかけ

パティシエとしての夢

私は岡山のケーキ屋でパティシエとして働いている24歳の女性。子供の頃からケーキやチョコレートなど甘いものを食べるのが大好きな私は、「将来みんなを笑顔にしたい」と思ってケーキ作りの道を志したの。私にそんな将来の目標を定めてくれたのは、近所にあるケーキ屋でたまにケーキを売っていたパティシエのおじさん。フランスなど世界各国を動き回っていたみたいだったから、年に数回位しかケーキを出さなかったけど彼が作ったケーキは本当に美味しかった。

それに地元のケーキ屋に来ていたのは、オーナーがそのおじさんのお兄さんだったことが理由みたい。そんな彼がケーキを食べて笑顔になった私を見て、微笑みながら語っていたことが私の目標となったの。
「ケーキを作るものとして美味しいものを出すのは当然」
「だから僕はそれプラス自然と笑顔になれるケーキを作りたいんだ」
「どんな厳しい場面でもケーキを食べると笑顔になって、貧困に苦しむ子供もそのときだけは笑顔になれるようなものをね」
そんな話を聞いてパティシエをしている私が、岡山風俗求人に応募して風俗との掛け持ちをしているの。

下積みを頑張る


岡山風俗求人に応募して色んな世界を見た私は、彼の言っていたことの本当の意味は当時分からなかったけど今なら分かる気がするの。それを実現させることの大変さも、それを実現させたときのことも。彼は今どこで何をしているかは分からないけど、運良く彼と知り合うことができた私だから頑張ってそれを目指さないとね。だからシェフに怒鳴られても、専門学校で学んだことが生かされず下積みが続いていても腐ることなく頑張りたいと思っているわ。

岡山風俗求人への応募を決めた理由


そんな私だけど今のケーキ屋で働いていて大変だと思うことが給与の問題。私は今のケーキ屋でしっかりと基礎をこなし、ある程度ケーキ作りができるようになったらフランスとかのお店に行きたいと思っているの。そしてそのためのお金もしっかり貯めようと計画していたわ。でも家賃とか食費とかで色々お金がかかるし、ケーキ屋の月給だけだとそれを支払うので手一杯。だから貯金をするために他の仕事もしたいと思ったの。

でも少ない休みの中でいくらかお金を稼ぐのは難しいし、ただでさえケーキ屋で疲れているからコンビニやガソリンスタンドの深夜とかで働きたくはないかな。それでどうしようかと思っていたときに気になったのは、風俗店のページに書かれていた求人情報について。それを見ると出勤日時は女性が決めることが出来てさらに給与もかなり良いの。正直言って風俗で働くのには抵抗があったわ。でもしっかり稼ぐため岡山風俗求人への応募を決めたの。
岡山デリヘル求人「プロフィール岡山」はこちら