倉敷風俗求人で稼ぐOL

倉敷風俗求人に応募し働くOL経験者

面接に合格し初出勤

倉敷風俗求人に応募した私は風俗の面接に受かり、個人に与えられた待機部屋で休んでいます。岡山県内でOLとしても働いていた私は、自由に寛いでいてもいいと言われたので、目の前にあるパソコンの電源を入れて、無料動画サイトを見始めました。海外で活躍する日本人サッカー選手のプレイ集を2つほど見終えたころ、部屋の扉が開いて名前を呼ばれます。

どうやら初めての接客のようです。お客さんが待つカーテンの前に行く5m手前までに、お客さんの情報を聞くと、40歳の常連客だから言われた通りに動いていれば問題ない。ただし、本番行為を誘われたりしたらやんわりと断ってね。私が了解の返事をすると黒服のスタッフはスッとどこかに立ち去ってしまいました。倉敷風俗求人で見つけて働き始めたそのお店は、元々私が考えていた以上にしっかりしたお店だったので安心して働けています。

倉敷風俗求人に応募したきっかけ


一人になったとたん急激な不安に襲われましたが、OLで培ったOLスマイルを顔に浮かべた私は、深呼吸をしてカーテンを開けました。「いらっしゃいませ」 この記念すべき風俗初サービスから3年が経ちます。現在ではOLを止めて倉敷風俗求人で応募したお店一本で働いていますが、私から言えることはただひとつ。月収90万円は夢じゃなかったです。

そんな私が倉敷風俗求人に応募するきっかけはお店で働く先輩の存在でした。今のお店で働いている月収70万円の先輩から求人情報を貰った私は、早速応募することに決めて、翌々日に会社の有休を取って風俗店へとやってきました。

面接したときのいきさつ


お酒を飲んでいたときに応募したこともあって、OLとして営業先を廻り人見知りとは皆無な生活を送っていたにもかかわらず私は緊張していました。 (まるで就職活動みたい…あっ就職活動か) 自分の天然に思わず笑みがこぼれた私は心なしか先ほどよりも足取りが軽くなり、リラックスした状態で倉敷にある風俗店の事務所の扉を叩きました。

事務所に入ると強面のお兄さんが登場するということはなく、さわやかでどこにでもいそうなサラリーマン風の人が現れました。私が職業と名前、面接にやってきたことを告げると笑顔となり、ちょっとした応接スペースへと案内されました。さわやかなお兄さんは今日の流れを説明し、私次第では今日から働くことも可能です。と言われたので私は1円でも多く稼ぐために迷うことなく「はい」と返事をしたことを3年経った現在でも覚えています。これがOLをしていた私が倉敷風俗求人に応募したお店で働きだした経緯です。
倉敷風俗求人はこちら