倉敷風俗求人と固い職業

倉敷風俗求人に応募して働く図書館司書

倉敷風俗求人に応募した地味な女性

地方都市で図書館司書をしている30歳の私は、薄給からの金欠解消と結婚や恋人がいる同級生たちがうらやましくなったなどの理由から倉敷風俗求人情報を見てバイトとして働き始めた。図書館の仕事があるため、勤務日は司書の仕事のない日だけ。そして当然顔がばれたくないので、HPなどの顔写真にはモザイクをしてもらうことにした。風俗店でバイトをしていることがばれてしまっては働けなくなってしまうからだ。

正直言って私のような地味な三十路女を指名してくれるのかどうか不安が大きい。でもそんな不安とは裏腹に毎日予約で埋まるほどのお客が指名してくれる。それは図書館で働いているため眼鏡をしていること、外で運動などをしないが食事も多く取らないため身体が細いことが大きな理由らしい。ものは言いようで「地味なガリガリ女」も「スレンダーな知性派美人」となる。そんな私に魅力を感じてくれたのか、何度も指名してくれるリピーターも増えた。ときとして哲学的で強めな物言いも、責められるのが大好きなM気質の男性にとってはたまらないらしくそれも気に入られた。さらに三十路ということもここではあまり関係なく受け入れてくれている。そのような様々な要因があって、私は倉敷風俗求人の応募先でしっかり稼げているのだ。

出勤を調整して働く


今のような形で仕事をすることになったのだが、しっかりと掛け持ちができているのはお店の待遇によるものも大きい。倉敷風俗求人に応募して働くお店の待遇の中には、完全自由出勤というものがある。これは女性が自分の都合で出勤を決められるというもの。当然普段は仕事をしている私のような女性にとって、これがないと風俗店で働くのは困難になる。

ただ司書の仕事がない日は全て働いているという訳ではない。司書の仕事は重たい本を移動させたり、広い図書館を掃除したりと力仕事のような部分もある。それだけにいつも休みのときに風俗店で働いていては、いつかは倒れてしまうかもしれない。だからこそ完全自由出勤の制度を使って、週1日など出勤を調整するときもある。

日払いなので自分へのご褒美ができる


倉敷風俗求人に応募して働いている今のお店では、給料は働いたその日に獲得できる。一般的な仕事のように月の給料日まで待たなくても良いので、すぐに美味しいものを食べたり、好きな本を買うといった贅沢ができる。そのため仕事が続いたときや接客が大変なお客さんへのサービスをしたあとなどは、自分へのご褒美として少し贅沢をしているのだ。