岡山風俗求人と歯科助手

岡山風俗求人に応募して働く歯科助手の体験

同窓会で風俗のことを知る

高校を卒業し歯科医院で4年間歯科助手として働き続けている私ユウカ(仮)。現在の仕事内容に限界を感じ、歯科衛生士の資格を取ろうと考え出したとき、その専門学校の学費をいかに稼ぐかを考えていた。そんなときアイ(仮)ちゃんとカフェで話していた何気ない会話からヒントを得ることになったのだ。

アイちゃんの話を聞き私は高校の同窓会であった同級生の話を思い出す。その子は岡山風俗求人に応募してアルバイトをしながら風俗で働いている。風俗では週1日ほどで何万もの給与を稼げること、若くて働いている子は人気が出やすいことなどを話していた。そのときは「そんな世界もあるんだ」と聞き流していたが、今考えると衛生士学校の学費を出すためにはかなり良い方法ではないかと考えるようになってきた。

岡山風俗求人で良い職場を見つける


衛生士学校の授業は平日の夕方から夜にかけて、歯科医院のシフトは平日調整すれば4時過ぎ位に帰ることも可能、そして両方が休みの日曜日に風俗店で働く。そんなことを考えれば全てが上手く行くのだ。そのためにはまず院長先生や医院のスタッフたちに、夜間の衛生士学校に通い歯科衛生士を目指すということを伝える。正社員なのに途中で帰ることもあるので反対されるかもしれない。でもみんな最初は若干驚きの表情を見せたが、すぐに「応援しているよ」「頑張れ」と笑顔で専門学校に通うことを認めてくれた。

そして次は風俗店を調べると、今住んでいる街や歯科医院から離れておりなおかつ風俗店が多い岡山に狙いを定める。岡山風俗求人を見ると日曜日だけの出勤で大丈夫、そして給与額も高い店を見つけ面接を受けることに。そうしたら私の外見を褒められすぐに採用が決まったのだ。ただ風俗で働いていることはみんなには内緒にしているため、ネットなどには顔写真NGという形にしてもらう。そして最後に衛生士学校の入学手続きとなるが、締め切りギリギリで書類を提出してなんとか入学することができた。専門学校に入るのにも高卒の資格が必要だったため、高校を卒業しておいて良かったと改めて感じることができたのだ。

掛け持ちとして働いて高収入を獲得


かくして歯科医院と風俗店で働き、さらに専門学校にも通うというハードな生活が幕を開けた。歯科医院では今まで通り働いているが、できるだけ早く出勤し平日は4時頃に帰るスケジュールを組む。またこの時期に高校のときに色々仕事を教えてくれていたナミ(仮)さんが、短時間で働くパートとして復帰。有難いことに私が帰った後の時間の穴埋めをしてくれるようにシフトを組んでくれている。歯科医院が終わると今度は40分ほど離れた専門学校へ。ここでは歯科衛生士になるために日々座学での勉強や実習で過ごしている。歯科医院で得た知識と、それだけでは学べない知識を吸収する日々を過ごし、また平日や土曜の昼休みなどには、院長先生や衛生士が勉強を見るなどサポートをしてくれているのだ。

そして日曜日はお昼頃から20時頃まで岡山の風俗店で働いている。高校時代によくつるんでいた男友達とエッチなことをしたことはあったが、お客さんを気持ち良くさせるだけのテクニックがある訳ではない。しかし私がまだ21歳で若いということ、歯科助手としても働いておりさらに学生でもあるということなどから、その日の予約が埋まるほどの人気を得ることができている。指名料の多くを給与として還元してくれる店のため、ときには2日ほどの出勤で歯科医院の月給と同じくらいの給与を得ることができた。そのため専門学校に払う学費だけでなく、将来のための貯金にまわすこともできている。だから岡山風俗求人に応募して良かったと思っている。
岡山デリヘル求人はこちら